遺品整理とは

亡くなった方の残した品物を整理する遺品整理は、残された親族が行うか、業者へ依頼します。衣類や家具・家電などの生活用品からアルバムや貴重品などさまざまなものを整理し、遺品として形見分けするものから不要品として処分するものなどにわけて、部屋の掃除を行います。故人が賃貸物件に住んでいた場合には、原状回復を行い、貸主へ部屋をお返しすることになります。しかし、結構荷物が多い場合は、時間も体力も必要とするため、業者へ依頼する方が負担が減るとされています。

遺品整理業者で依頼できる人気サービス

和室
no.1

リサイクルなどの買取サービス

形見分けの品以外は不用品として引き取ったあとに、廃棄処分ではなくリサイクル品として買取をしてくれる業者もあります。買取をした料金を遺品整理費用に充てることが可能です。骨董品や美術品など価値が高いものではさらに買い取り額のアップを期待することができます。

no.2

消臭・消毒サービスをオプションとしてプラス

遺品整理では、基本的なサービスとして遺品を要・不用品に分けるだけでなく清掃もセットになっています。通常の清掃だけでなく、さらに消臭・消毒をプラスしたサービスをオプションとしてつけることも可能です。賃貸物件の場合には消臭・消毒が必要になるケースも少なくありません。

no.3

遺品を供養してもらう

廃棄処分として抵抗が出てしまう、仏壇や神棚などの供養をお願いできる遺品整理サービスとして人気があります。供養をお願いできるものには仏壇や神棚だけでなく、愛用品や人形など幅広い品物で供養の手配を行ってくれ、合同供養の場合には無料で行ってくれる業者もあります。

大切な遺品をしっかりと仕分けする遺品整理の基礎

荷物

自分で難しい場合は遺品整理業者を利用しよう

かつては大家族で親族が多かったり、共に暮らしていたり近隣に住んでいることも多かった家族ですが、現在は家族と離れて暮らしている人も多く、親族も少ないことから遺品整理は自分たちだけで行うことは難しくなっています。少ない人数で量の多い遺品整理は時間がかかる作業ですが、長期休暇を取りにくい社会人の場合にはプロならではの技を持ち合わせている遺品整理業者にお願いすることがおすすめです。

ダンボール

遺品整理業者を探す時のコツ

遺品整理業者を利用したことがある知人や口コミをチェックしてみましょう。大切な故人が使っていた日用品や思い出の品、貴重品などさまざまなものを整理していくことになります。遺品整理を安心して任せるためにも、知識がある遺品整理士が在籍している業者であったり、処分してもらうはずだった不用品を不法投棄されたりしないように体制が整っている業者を選ぶようにしましょう。

ダンボール

インターネットで評判チェックは欠かせない

遺品整理は何度も経験することはありませんし、さらに遺品整理の業者を利用したことがある人はまだまだ少ないです。実際に自分の周りに利用したことがある人がいなくても、需要が高まっているサービスなので実際に利用したことがある人をインターネットで探すことは可能です。良かったことだけでなく、悪かったことも口コミではチェックすることが可能です。口コミは業者を選ぶときの参考になりますので、ぜひ活用しましょう。

兵庫にある遺品整理業者を利用しよう♪

福岡で遺品整理にかかる時間が軽減できる♪